構造機能科学研究所 〜お肌の健康と美容に「RIMシリーズ」〜

トップ > ブログ

ブログ

大阪旭モラロジー「ビジネスクラブ講演会」のご案内

2017.11.04


「会社・経営はどうあるべきか」について、大阪旭モラロジー「ビジネスクラブ」で学ばせていただいています。
当クラブは、道徳と経済は一体である(道経一体)という思想による、地域での企業経営勉強会です。

当クラブの会長を務めておられるのが、子ども専門病院としては民間最大の「中野こども病院」理事長・院長の木野稔先生です。

木野先生は大病院のトップを務められ、とても優しく威張ったところが全く無い、子どもを持つ親ならきっとこのようなお医者さんに診てもらいたいと思うであろう先生です。
…続きを読む…


中野こども病院には、スキンケア用品として弊社の「RIMスキンケア化粧品」をご採用いただいており、様々な面でお世話になっています。

今般、大阪旭モラロジー「ビジネスクラブ講演会」の講師としてお招きをいただきましたので、ご案内いたします。

土曜日夜の開催ですが、皆様との交流の機会とさせていただきたいと思いますので、会場(中野こども病院)にてお会いできることを楽しみにしております。

【テーマ】広域大学異分野研究者連携ベンチャー企業としての歩み

【講師】鈴木正夫 轄\造機能科学研究所代表取締役・理学博士

【概要】
アトピー性皮膚炎等アレルギーや乾燥肌等の弱い肌に対して、「皮膚本来の重要なバリア“皮脂膜”を生かしたスキンケア」の必要性を感じて、1999年に構造機能科学研究所を設立しました。
「スキンケア」に着目した理由は、@息子が幼児のときに発症したアトピー性皮膚炎の治療を通して薬による限界を認識したこと、A過去約10年間に亘って行った研究「薬物の経皮吸収とスキンバリアの関係」においてアレルギーの起点として「経皮感作」を予見したこと、の2点にあります。

アトピー性皮膚炎等アレルギーにスキンケアで迫る研究・事業は世界初の取り組みであり、多面的な基礎知識が必要なことから、生命科学・医学・薬学・物質科学を専門とする15大学19人の教員を母体として立ち上げました。

設立5年後、独自の科学技術「超分子」に基づき皮膚の洗浄と保護・保湿を同時に実現する「RIMソープ」の開発に成功し、さらに皮脂膜を強化するスキンケアオイル「RIMエモール」も開発して、RIM超分子スキンケア基礎化粧品として商品化しました。

今まさに、「経皮感作」がアトピー性皮膚炎等アレルギー増加の一因として注目されています。
健康に与る仕事は「速さより確かさ」をモットーに牛の歩みを続けて18年、起業してこそ体験できる感動や遭遇した難題「法律の壁・資金調達・販路開拓など」についてもご紹介いたします。

【日時】平成29年11月11日(土)19:00〜20:50
【場所】中野こども病院研修ホール(病院新館2階)
http://www.nakano-kodomo.or.jp/index.html
大阪市旭区新森4丁目13-17  (TEL:06-6952-4771)
(駐車場、駐輪場は当日警備員が誘導させていただきます)
【参加費】無料
【参加申込締め切り】11月5日(日)

参加ご希望者は、下記の事項をご記入いただいて、弊社宛にメール(kozoken@kozoken.keihanna.ne.jp)
もしくはFAX(0774-95-5213)してください。
名前:  企業名:  役職:  業種:  住所:  TEL:  FAX

※定員オーバーの場合はご容赦ください。


(株)構造機能科学研究所
代表取締役 鈴木 正夫

ツイートする

記事一覧へ

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]