構造機能科学研究所 〜お肌の健康と美容に「RIMシリーズ」〜

トップ > ブログ

ブログ

出藍の誉れ

2018.02.17

平昌冬季オリンピックが始まりました。
雪国生まれの私にとって、冬季オリンピックは、身近なスポーツの大会でありますのでワクワクしています!

オリンピックの舞台は、「出藍の誉れ」の競演。 「師はその才能を如何にして見抜き育んだのか?」にも関心があります。

このことについて、盤上のスポーツとも称される将棋界のニューヒーロー・藤井聡太五段の師「杉本昌隆七段」の言葉が、下記サイトに掲載されていますのでご紹介をさせていただきます。
…続きを読む…

2010年、免疫学者「多田富雄先生」は次の言葉を残してこの世を後にされました。

「日本人が今の生活を続ければ、100年後には日本人全員がアレルギーで苦しむことになる」
…続きを読む…


物質科学における私の専門は、オレイン酸をメインとする脂肪酸系脂質です。
脂肪酸はアミノ酸に並ぶ主要な生体物質であり、応用分野は極めて多岐にわたっていますが、その実体はあまり知られていませんので、今回から複数回にわたってご紹介をさせていただきます。

脂肪酸は、その存在や機能の面から、三つの視点があります。
その1.生体成分としての存在と機能
その2.食品成分としての存在と機能
その3.産業分野における多様な応用

今回は、脂肪酸の概論として、構造的特徴や種類についてご紹介をいたします。
…続きを読む…


基礎研究・臨床医療・パラメディカルを対象とした専門誌「細胞/The CELL」2月号“特集:アトピー性皮膚炎の最前線” に、中野こども病院の木野稔理事長・院長等と連名で論文「RIM超分子スキンケア化粧品“RIMソープの特性と臨床応用”」が掲載されました。
◆月刊「細胞」2018年2月号“特集:アトピー性皮膚炎の最前線”
 
中野こども病院は、大阪市旭区にある全国的にも数少ない民間の小児専門病院です。病床数79を有し、新入院患者は年間約3,600人、大阪全域の 医療機関と連携して365日・24時間体制で小児救急医療の充実に努めています。
★中野こども病院
http://www.nakano-kodomo.or.jp/
…続きを読む…

50年前には殆ど無かったアレルギーが、現在の日本人では二人に1人が、何らかのアレルギーに罹患しているといわれています。

アレルギーは、勉強やスポーツの妨げになったり、職業の選択や従事に対しても強く影響しています。また、アレルギーは特に乳幼児に多いことから、子育ての主な悩みになっており、少子化の原因にもなっています。
さらには医療費増大の原因にもなっていますので、アレルギー対策は国家的な重要課題になっています。
…続きを読む…