構造機能科学研究所 〜お肌の健康と美容に「RIMシリーズ」〜

トップ > ブログ

ブログ


今年もノーベル賞発表の時期を迎えました。先陣を切って発表されるのが、生理学・医学賞です。

自然に学ぶを志向し、またアトピー性皮膚炎等アレルギーの仕事をしていることもあり、最も注目しているのが生理学・医学賞です。

…続きを読む…

「子育て・勉強・スポーツ・QOLをサポートしたい」

私が、皮膚の健康を目指したスキンケア基礎化粧品を創りたいと思った動機です。この思いは、息子が幼児のときにアトピー性皮膚炎を発症したときに芽生えました。

皮膚が悪いと何事にも消極的になる。「前へ!」をサポートしたい。

以来、皮膚科学と超分子科学の融合を目指した研究を追究してきました。
約25年の歳月を要して開発したのがRIM超分子スキンケア基礎化 粧品「RIMソープ&RIMエモール」です。

発売して10年余り、お客様のご感想を多数いただいており、思いが具現化できたように感じられて嬉しく思って います。

<勇気づけられる言葉>
「神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。
ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。」
マザー・テレサ

<自然に学ぶ>
知らないことばかりです。
一生生きて、どれだけのことを知り理解できるのか?


構造機能科学研究所
代表 鈴木正夫

「流行は追わず、コツコツ根気よく!」

今回、ノーベル物理学賞受賞が決まった赤崎勇先生の研究姿勢です。
原点を創生した人に与えられる栄誉がノーベル賞だと思っており、赤崎先生の受賞を心より嬉しく思います。

健康と美容の両面を兼ね備えたスキンケア基礎化粧品の開発を目指して構造機能科学研究所を設立して16年、皮膚科学と超分子科学の融合を目指した基礎研究から今日まで約35年になります。

「肌を洗うと乾燥する」の常識に挑戦し、「洗浄と保護・保湿を同時に実現」を目指して研究を重ねて約25年、RIMソープ」の開発に成功しました。

「流行は追わず、コツコツ根気よく!」は私の信条でもあり、今日の速さを競う時代にあっても、赤崎先生のノーベル賞受賞は「継続は力なり」の重要性を語りかけているように感じています。


構造機能科学研究所
代表 鈴木正夫